フルハーネス型安全帯の呼び名は、墜落制止用器具へ!【法改正の要点まとめ】
みなさん、こんにちは!
作業服専門店で働く、木本です。

安全帯について驚きの数字なのですが、
日本で墜落(ついらく)や転落による事故は、年間約2万件もあります。
(厚生労働省発表「平成29年労働災害統計」データより。)

フルハーネスコンテンツ木本さんガビーン

これは一日に約55人もの作業員が、墜落や転落によりケガをしていることになるのですよ。


こうした理由から国は、
安全帯の性能をみなおすための法改正をおこなうことになりました。

2019年2月1日から労働安全衛生法施行令が施行されました。

今回の法改正で、
長いあいだ作業現場で呼ばれてきた「安全帯」の正式名称が「墜落制止用器具」へ変わります。

もちろん、呼び名が変わるだけではないですよ。

他にもいろいろ変わりますので、今回わかりやすくまとめてみました。

それでは早速みていきましょう。

このページの目次
  1. 呼び名&つかえる器具の変更
  2. つかえる期間&販売時期
  3. フルハーネス型をえらぶ条件
  4. 「安全衛生特別教育」を受けることが必要
  5. 補助金・助成金について
  6. 安心な墜落制止用器具メーカー


1、呼び名&つかえる器具の変更

「安全帯」は「墜落制止用器具」へ名前が変わります。

呼びかたが変わるだけでなく、
いままで安全帯に含まれていた「胴ベルト型(U字つり)」は、単独ではつかえなくなります。

U字つりタイプの胴ベルトは「墜落制止用器具」ではなく、
「ワークポジショニング用器具」扱いになります。

「胴ベルト型(U字つり)」をつかうときは、「フルハーネス型」と一緒につかうことが必要になるのですよ。

胴ベルトU字つりは墜落製紙用器具として使えなくなるの説明図

フルハーネスコンテンツ木本さん

ほとんどの現場で使える、フルハーネス型を購入する人が増えています!



2、つかえる期間&販売期間

次に、すでにつかっている安全帯の使用期限など、
気にとめておくポイントになる日付は次の3つです。


①今もっている安全帯をつかえる(猶予)期間
2022年1月1日まで、いままでの安全帯を使えます。

②あたらしい墜落制止用器具の発売日
2019年2月1日から、あたらしい墜落制止用器具が販売になります。

③各メーカーが安全帯を販売できる期間
2022年1月1日まで、メーカーはいままでの安全帯を販売できます。


フルハーネスコンテンツ木本さん

2019年2月1日~2022年1月1日は、
両方(安全帯と墜落制止用器具)が販売されています。
新規格かどうかを確認することがとても大事です!



3、フルハーネス型をえらぶポイント

ポイント1:作業現場の高さ

「高いところの作業はフルハーネス型が原則」

高さ6.75m以上(建設業は5m以上)では「フルハーネス型」が義務ですが、
高さ6.75m以下(建設業は5m以下)では「胴ベルト型(一本つり)」も使えるようです。

図で説明すると・・・

作業現場の高さによるフルハーネス等の使用範囲を示す図

フルハーネスコンテンツ木本さん

高いところの作業では、フルハーネス型が原則です。



ポイント2:重量

「◯◯kg用は、自分の体重+すべての装備品の重さ以上」

墜落制止用器具は、「身につけるひとの体重」と「装備品」を合計した重量に耐えるものでないといけません。

100キロ用が最適な人の場合の説明図
例えば、体重85kgの人が85kg用のフルハーネスを使用すると、フルハーネス分の重さだけ重量オーバーしてしまうので85kg用は使えません。





ポイント3:二種類あるショックアブソーバのえらび方

ショックアブソーバとは・・・
落下による衝撃時に、特殊ベルトが引き裂かれることで落下の衝撃をやわらげる器具です。


普及している多くは、第一種ショックアブソーバですが、
ランヤードを取付けるフックの位置によって、どちらを選ぶべきかが変わります。

「第一種は、腰より高い位置にしかかけられません」

「第二種は、腰より低い位置にもかけられます」

ショックアブソーバー第1種、2種の説明図

腰より低いところにかけて落下した場合、
落下距離が延びるため、第二種ショックアブソーバは長い落下距離に対応しています。

フルハーネスコンテンツ木本さん

短い落下距離で止まるほうが身体への負担も少ないので、
正しい種類のショックアブソーバを選びましょう!


4、「安全衛生特別教育」を受けることが必要

フルハーネスをつけて作業するほとんどのひとは、
「特別教育」(合計6時間)が必要になります。

ただし、
次に当てはまるひとは受講科目を少なくし、時間を短くできます。

① フルハーネス型をつかう作業を6ヶ月以上した経験があるひと(合計1.5時間)

② 高さが2メートル以上の箇所で作業床を設けることが難しいところで胴ベルト型をつかう作業に6ヶ月以上した経験があるひと(合計5時間)

③ ロープ高所作業特別教育受講者、または足場の組立て等特別教育受講者(合計5時間)

フルハーネスコンテンツ木本さん

特別教育は、【建設業労働災害防止協会(建災防)】などで受けることができます。



5、補助金・助成金について

フルハーネス型墜落制止用器具の特別教育に助成金がでます。

▼ 人材開発支援助成金(建設労働者技能実習コース) の助成対象に、
「フルハーネス型墜落制止用器具を用いた業務に関する特別教育」が追加されました。

▼ 特別教育を受けた日により、
 助成金をもらうための支給申請書の提出期限が違ってきます。

1. 2018 年 6 月 19 日~2019 年 1 月 31 日の実習については、
  2019 年 3 月 31 日まで。

2. 2019 年 2 月 1 日以降の実習については、
  実習を終えた翌日から原則 2 ヶ月以内
(※こちらは申請書の他に「計画書」を実習日の 3 ヶ月前~1 週間前に提出が必要です。)

詳しい手続きについては、
最寄りの都道府県労働局またはハローワークが、問い合わせ窓口になっています。

詳しく知りたいひとは、
厚労省ホームページ「建設事業主等に対する助成金(旧建設労働者確保育成助成金)」をご覧ください。

また、安全帯から「墜落制止用器具」へ買い換える中小企業を対象に国から補助金がでる
という噂もあります。
「既存不適合機械等更新支援補助金事業(仮称)」

厚労省から正式発表があり次第、ここでもお伝えしますね。


6、安心安全な墜落制止用器具メーカー


【藤井電工】 ツヨロン 

髙い国内シェアをほこり、1952年から販売している「TSUYORON」シリーズで有名です。
自社講習会も200回以上開催しており、「Safety is Love(安全は愛)」がモットーのメーカーです。

【藤井電工】 ツヨロン


【サンコー】 タイタン 

国内シェアではツヨロンに次ぐ二番手のタイタン。
消臭技術や形状保持をつかった、魅力あふれる高性能シリーズを数多く展開しています。

サンコー「タイタン」フルハーネス

【サンコー】 タイタン


【スリーエム ジャパン】 3M™ DBI-サラ™ エグゾフィット™ ハーネス型安全帯 

スリーエム社は、墜落防止システムの世界的リーディングカンパニーで安全衛生に関する多くの製品&サービスを世界規模で提供中です。
1940年から墜落防止用製品を扱い、2017年から日本国内でもフルハーネスの提供を開始しました。

スリーエム ジャパン 3M™ DBI-サラ™ エグゾフィット™ ハーネス型安全帯

【スリーエム ジャパン】 3M™ DBI-サラ™ エグゾフィット™ ハーネス型安全帯



ここで紹介したメーカーは、長年の実績があるところばかりです。
身の安全を守るためにも、安心できるメーカーの商品を購入しましょう。


おわりに

いかがでしたか?

今回の改正ポイントは大きくわけて3つです。

1.安全帯から「墜落制止用器具」へ呼び名が変わる。

2.「フルハーネス型」をつかうことが原則。

3. 「安全衛生特別教育」が必要。


今回の法改正は、
高所ではたらくひとが、安心して安全に作業するためにあります。

Hope for the best, prepare for the worst.
[最善を願い、最悪に備えよう。 ~イギリスのことわざより~]

ゆとりをもって、きたるべき法改正に備えましょう。


もっと詳しく法改正を確認したいひとは、こちらの【厚労省の資料】をご確認ください。

※この記事は2019年2月1日時点での情報を基に書かれております。




written by ユニネク制作チーム 阿津川 雄司&木本 瑠衣 



この記事を監修してくれたユニフォーム博士

岩田百志 岩田 百志(いわた もとし)

ユニフォームを販売して20年。
豊富な商品知識から、商品の特徴(素材・デザイン・機能面)を瞬時に判断し、お客様に最適なユニフォームを提供するユニフォームコンシェルジュ。

現在では、後身の指導にアドバイザリーとしても尽力。
経験から得たユニフォームの基礎知識や販売のノウハウに至るまで、ユニフォームの魅力を日々伝えている。

■作業服・作業着の全品バーゲン通販【ワークユニフォーム】はこちら