ユニフォームのサイズの測り方

ユニフォームを選ぶ


▼測り方を知りたいアイテムを選ぶ
(1)作業上着を測る
(2)作業パンツを測る
(3)作業ツナギを測る
(4)ジャケット・アウターを測る
そのほかのアイテムを測る

アイテム別ユニフォームサイズの測り方


(1)作業上着を測る

肩幅を測る
作業上着肩幅 作業上着肩幅2

左右肩先の縫い目にメジャーの端を合わせ、もう片方の肩先の縫い目に合わせて測ります。※肩パットが入ったものは、実際の肩幅よりも着用時に狭く感じられることがあります。


バスト(胸囲・身幅)を測る
作業上着胸囲

ボタンやファスナーがある場合は、それらを閉じた状態で測ります。袖の付け根のところにメジャーの始点を置き、水平にまっすぐ伸ばし、片方の袖の付け根部分までを測ります。この部分を測った数値✕2が実寸サイズになります。身幅と書かれている場合には、こちらの数値そのまま(バストの2分の1の値)を指します。また、測り方やデザインの関係で、計測した値に誤差が生じる場合がございます。


袖丈を測る
作業上着袖丈

身頃と袖の縫い付け部分、肩先の縫い目を始点にして、まっすぐとメジャーを伸ばし、袖口までを測ります。

作業上着肩幅2
作業上着袖丈3

着丈を測る
作業上着着丈2 作業上着着丈

襟がついているデザインのものは、襟の付け根(後ろ)の縫い合わせ部分の中央を始点とし、裾に対して垂直にメジャーを伸ばして、裾先までを測ります。

襟がついていないデザインのものは、後ろの付け根中央部分を始点にして測ります。

裾幅を測る
作業上着裾幅

ボタンやファスナーがある場合は、それらを閉じた状態で測ります。平置きにしたときの裾の端から端までを水平にメジャーを伸ばして測ります。この値の✕2が「裾まわり」になります。




(2)作業パンツを測る


ウエストを測る
作業パンツウエスト

胸囲と同じく、ボタンやファスナーがある場合は、それらを閉じた状態で測ります。平置きにしたときの上半身と下半身のつなぎ目を水平にメジャーを伸ばして測ります。
この値の✕2がウエストの実寸サイズになります。商品のデザインによってはウエスト位置が異なる場合もございますので、その際には実際に着用したときの位置と比較してみましょう。
今回は、ウエストゴム部分の中央を目安に測りました。


ヒップを測る
作業パンツヒップ

平置きにしたときに、ベルト部分から15~20cmあたり下の部分をメジャーを水平に伸ばして測ります。この値を✕2にした値が、サイズ表に書かれた商品の実寸です。


ワタリ幅を測る
作業パンツワタリ幅 作業パンツワタリ幅2

半分に折りたたみ、股のもっとも長い部分から、端までを測ります。ヌード寸と比較する際には、この値✕2をすれば、「ワタリまわり」となります。


股上を測る
作業パンツ股上 作業パンツ股上2

ウエストの端中央から、股の縫い付目のクロスした部分まで、まっすぐとメジャーを伸ばして測ります。


股下を測る
作業パンツ股下 作業パンツ股下2

股の縫い付目のクロスした部分を始点とし、まっすぐと裾まで測ります。


袖幅を測る
作業パンツ裾幅

しっかりとシワを伸ばし、裾の端から端までを測ります。※裾上げをおこなうと、裾幅が変動する場合がございます。ご注意ください。




(3)作業ツナギを測る

バスト(胸囲・身幅)を測る
ツナギ胸囲 ツナギ胸囲2

ボタンやファスナーがある場合は、それらを閉じた状態で測ります。
通常、袖の付け根のところにメジャーの始点を置き、水平にまっすぐ伸ばし、片方の袖の付け根部分までを測りますが、こちらのように脇部分が立体裁断になっている場合は、カッティング部分も含めて、胸の高さを水平に測ります。この部分を測った数値✕2が実寸サイズになります。
胸囲またはバスト以外に、「身幅」と書かれている場合には、こちらの数値そのまま(バストの2分の1の値)を指します。また、測り方やデザインの関係で、計測した値に誤差が生じる場合がございます。


ウエストを測る
ツナギウエスト

胸囲と同じく、ボタンやファスナーがある場合は、それらを閉じた状態で測ります。平置きにしたときの上半身と下半身のつなぎ目を水平にメジャーを伸ばして測ります。
この値の✕2がウエストの実寸サイズになります。商品のデザインによってはウエスト位置が異なる場合もございますので、その際には実際に着用したときの位置と比較してみましょう。
今回は、ウエストゴム部分の中央を目安に測りました。


裄丈を測る(縫い目がある場合は肩幅と袖丈)
ツナギ裄丈2 ツナギ裄丈

身頃と袖の縫い付けがないラグランスリーブの場合、襟中央部分から、袖口までまっすぐとメジャーを伸ばして測ります。縫い付けがある場合は、ジャケットやシャツと同様に、肩幅と袖丈を測ってください。


着丈を測る
ツナギ背丈

襟がついているデザインのものは、襟の付け根(後ろ)の縫い合わせ部分の中央を始点とし、裾に対して垂直にメジャーを伸ばして、裾先までを測ります。
襟がついていないデザインのものは、後ろの付け根中央部分を始点にして測ります。


脇丈を測る
ツナギ脇丈 ツナギ脇丈2

両脇を出すように縦に半分に折りたたみ、ウエスト部分から、裾までを測ります。
今回は、ウエストゴム部分の中央部分を始点にして測りました。


股下を測る
ツナギ股下 ツナギ股下2

股の縫い付目のクロスした部分を始点とし、まっすぐと裾まで測ります。




(4)ジャケット・アウターを測る

肩幅を測る
ジャケット肩幅 ジャケット肩幅2

左右肩先の縫い目にメジャーの端を合わせ、もう片方の肩先の縫い目に合わせて測ります。※肩パットが入ったものは、実際の肩幅よりも着用時に狭く感じられることがあります。


バスト(胸囲・身幅)を測る
ジャケット胸囲

ボタンやファスナーがある場合は、それらを閉じた状態で測ります。袖の付け根のところにメジャーの始点を置き、水平にまっすぐ伸ばし、片方の袖の付け根部分までを測ります。この部分を測った数値✕2が実寸サイズになります。
胸囲またはバスト以外に、身幅と書かれている場合には、こちらの数値そのまま(バストの2分の1の値)を指します。また、測り方やデザインの関係で、計測した値に誤差が生じる場合がございます。


ウエストを測る
ジャケットウエスト

胸囲と同じく、ボタンやファスナーがある場合は、それらを閉じた状態で測ります。平置きにしたときの一番細い部分の端から端までを水平にメジャーを伸ばして測ります。この値の✕2がウエストの実寸サイズになります。商品のデザインによってはウエストの一番細いところが商品の下のほうにある場合もございますので、その際には実際に着用したときの位置と比較してみましょう。

袖丈を測る

ジャケット袖丈

身頃と袖の縫い付け部分、肩先の縫い目を始点にして、まっすぐとメジャーを伸ばし、袖口までを測ります。

ジャケット袖丈2
ジャケット袖丈3

着丈を測る
ジャケット着丈

襟がついているデザインのものは、襟の付け根(後ろ)の縫い合わせ部分の中央を始点とし、裾に対して垂直にメジャーを伸ばして、裾先までを測ります。襟がついていないデザインのものは、後ろの付け根中央部分を始点にして測ります。

ジャケット着丈2
ジャケット着丈3

袖幅を測る
ジャケット袖幅

袖のシワをしっかりと伸ばし、アームホール下の脇の縫い目部分から、直角にメジャーを伸ばして測ります。サイズをあわせるときには、この値を✕2をしたときと、自分の二の腕まわりを測った値を比べるとよいでしょう。


腕まわりを測る
ジャケット腕まわり

肩口から脇までまっすぐにメジャーを伸ばして測ります。腕を通すときのサイズ感が気になる方は、こちらのサイズを確認しておくとよいでしょう。


※ラグラン袖の場合は、襟中央部分から肩口を通る「裄丈」を測ってください。
>>ラグラン袖の裄丈についてはこちらをご確認ください。



そのほかのアイテムを測る


Tシャツ・カットソー

Tシャツの測り方

 肩幅
平置きの状態で、肩の縫い目の先から先までを水平に測ります。

 身幅(胸囲)
平置きの状態で、脇下の縫い目を始点に、もう片方の脇下まで水平に測ります。身幅✕2が胸囲です。

 袖丈
平置きの状態で、肩の縫い目部分から袖先までを測ります。

 着丈
平置きの状態で、襟の付け根部分から裾までを垂直に測ります。

 身丈
平置きの状態で、首まわりの襟ぐり(リブなど)の上端から、裾までの長さを測ります。



▼ラグラン袖のTシャツ・カットソー

ラグラン袖の測り方


 裄丈
平置きの状態で、襟の中央部分から、袖山と通り袖先までを測ります。



ラグラン袖は身頃と袖の縫い付けがないため、一般的には「裄丈」と表記されますが、商品やメーカーによって、「肩幅」と「袖丈」で表記されていることがあります。
その理由は、パターン(縫製)段階から、ショルダーポイント(肩の基点)を設定し、肩幅と袖丈を算出しているからだそうです。着用時、肩幅が合っていないと感じた場合は、「商品の肩幅(cm)÷2+袖丈(cm)」と、ご自身の裄丈(cm)を比較すると、サイズがチェックしやすいかもしれません。


エプロン

エプロンのサイズ

 幅(脇幅)
平置きの状態で、肩の縫い目の先から先までを水平に測ります。

 前中心丈
平置きの状態で、胸当ての中央部分から、身頃部分の裾までを垂直に測ります。

 首紐長(※デザインによる)
平置きの状態で、前当てとのつなぎ目から、紐の先端までを測ります。

 腰紐長(※デザインによる)
平置きに開いた状態で、片方の腰紐の先端から身頃の幅も含めたもう片方の腰紐の端までの長さを測ります。
※商品によって、紐の長さのみを記した場合もあるのでご注意ください。



▼肩紐タイプのエプロン

エプロンのサイズ肩紐


 肩紐長
平置きの状態で、前当てとのつなぎ目から、紐の先端までを測ります。



▼腰巻きタイプのエプロン

腰巻きエプロンのサイズ

 幅(脇幅)
平置きの状態で、腰紐と身頃の縫い目から、もう片方の縫い目までを水平に測ります。

 腰紐長(※デザインによる)
平置きに開いた状態で、片方の腰紐の先端から身頃の幅も含めたもう片方の腰紐の端までの長さを測ります。
※商品によって、紐の長さのみを記した場合もあるのでご注意ください。


 総丈
平置きの状態で、身頃の中央部分から、身頃部分の裾までを垂直に測ります。



商品やメーカーによって、「肩幅」と「袖丈」表記がされているときや、「裄丈」のみの表記のときがあります。肩がすとんと落ちたシルエットの場合、肩幅表記がされていても、実際に着用したときの肩幅のイメージとは異なるため、サイズをチェックする際には注意しましょう。

サイズの測り方に関する記事はこちら

ヌード寸の測り方はこちら