おすすめ防寒着 メイン画像 2019年6月某日。本格的な夏シーズンを前にして、早くも、2019-2020年秋冬シーズンの作業服展示会が開催されるということで、早速、取材に行ってまいりました。

プロ仕様の本格的な機能性と、スタイリッシュに着こなすことができるデザイン性を併せ持つ最近の作業服は、そのコストパフォーマンスの高さも相まって、昨今、ワーカーだけにとどまらず、広く一般にも注目されだしています。

特に、秋冬シーズンの防寒着やアウターの新商品は、毎回、手頃な価格にもかかわらず、すごく機能的で暖かいアイテムが数多く発表されることから、気になっているという方も多いのではないでしょうか。

ということで、この記事では、2019-2020年秋冬シーズン作業服展示会でチェックしてきた、最新のおすすめ防寒着を一挙まとめてご紹介します。

このページの目次
  1. 2019-2020秋冬おすすめの防寒着
    1. バートル 防水防寒ジャケット 7610
    2. 自重堂 防寒ジャンパー 48490
    3. ジーベック 防水防寒ブルゾン 562
    4. TS-DESIGN ライトウォームジャケット 84726
  2. 注目のハーネス対応防寒着
    1. ジーベック ハーネス防寒ブルゾン 122
    2. Z-DRAGON ハーネス防寒ベスト 78040
    3. TS-DESIGN バルキーフリースジャケット 5236
    4. TS-DESIGN ニッカーズカーゴパンツ 5434

2019-2020秋冬モデルおすすめの防寒着

バートル 防水防寒ジャケット 7610

バートル 防水防寒ジャケット 7610 まずご紹介するのは、スタイリッシュでおしゃれな作業服を作らせたら右に出るものはいない、今や『かっこいい作業服』の代名詞的存在になっているメーカー、バートルの2019-2020年秋冬シーズン新商品の防寒着です。

バートル 防水防寒ジャケット 7610 バートルの今シーズンの新作防寒着は、本格ワーク仕様の防水防寒マウンテンパーカーになっています。仕事着としてのワークユースはもちろん、デイリーユース、アウトドアユースなど幅広く対応できる、機能的かつおしゃれな1着です。

バートル 防水防寒ジャケット 7610 会場では、こんな感じで、かっこいいスノーボードウェアを彷彿とさせるディスプレイで、一際目立っていました。防水防寒仕様のスタイリッシュなマウンテンパーカーですので、冬のレジャーやアウトドアでも大活躍すること間違いなしでしょう。ちなみに、防水性能は【耐水圧10,000mm、透湿性8,000g】となっており、スポーツメーカーやアウトドアメーカーの商品と比較しても、スペック的には全く引けを取らない仕様です。それでいて価格は、それらよりはるかにお手頃になっています。

バートル 防水防寒ジャケット 7610 バートル 防水防寒ジャケット 7610 服の両サイドと背中、袖の部分に、反射テープが付いていて、夜間の視認性もばっちり。ブルーとブラックの配色に、反射テープがデザインのアクセントにもなっていて、とにかくかっこいい仕上がりです。今シーズン、反射テープ付きアイテムは、作業服のトレンドになっています。

バートル 防水防寒ジャケット 7610 左脇には、服の中の蒸れを開放するベンチレーションが付いています。この辺りの仕様も、従来商品には無かったもの。細部の作り込み、クオリティの高さ、完成度がすごく高い防寒着です。

バートル 防水防寒ジャケット 7610 ちなみに、会場ではこの人だかり。バートル 防水防寒ジャケット 7610は、間違いなく人気が集中する防寒着になることでしょう。シーズン前には完売なんてことも十分に考えられますので、気になる方は、取り敢えず早めのチェックをおすすめします。

>>バートル 防水防寒ジャケット 7610(10月初旬頃入荷予定)


自重堂 防寒ジャンパー 48490

自重堂 防寒ジャンパー 48490 自重堂 防寒ジャンパー 48490 次にご紹介する、2019-2020年秋冬シーズンおすすめの防寒着は、 自重堂の新商品48490シリーズです。機能性が高く、暖かさに定評のある自重堂の防寒着ですが、今シーズンの新作も、期待を裏切らない高い防寒性能があります。

自重堂 防寒ジャンパー 48490 ポイントはこの部分。この防寒着の裏地には、特殊なアルミプリント加工が施されていて、この裏地の輻射熱と保温の効果によって、抜群の暖かさを実現しているんです。生地には中綿も入っており、とにかく暖かい防寒着になっています。

自重堂 防寒ジャンパー 48490 これだけ暖かい防寒着にもかかわらず、着心地は非常に軽く、ゴワつく感じはほとんどありません。とても動きやすく、これなら厚着になりがちな冬の現場でも、快適に仕事をサポートしてくれることでしょう。ちなみに、この日はまだ6月ということもあり、この防寒ジャンパーを着て少し動いたりすると、すぐに上半身が温まってきて、しばらくすると暑くなりすぎて脱ぎたくなるくらい。驚くべき保温効果でした。

自重堂 防寒ジャンパー 48490 カラーは3色。色鮮やかなオレンジの他、落ち着いた配色のカーキやグレーは、仕事着としても選びやすいのでおすすめです。機能性が高く、とにかく暖かい防寒ジャンパーをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

>>自重堂 防寒ジャンパー 48490(10月初旬頃入荷予定)


ジーベック 防水防寒ブルゾン 562

ジーベック 防水防寒ブルゾン 562 ジーベックの2019-2020年秋冬シーズン新作の防寒着。注目は、こちらの562シリーズです。止水ファスナーや二重前立てを採用した、防水性に非常に優れた防寒着となっています【耐水圧10,000mm、透湿性5,000g】。中綿には、軽量で暖かいマイクロ綿をたっぷり使用しているので、保温性も抜群です。

ジーベック 防水防寒ブルゾン 562 ジーベック 防水防寒ブルゾン 562 両サイドのポケット部分は、水の侵入を防ぐためファスナーにかぶさるようにカバーが付いています。中のファスナーはもちろん止水ファスナーになっています。高い防水性優れた保温性、カラーリングのテイストもよく似ていることからも、先に紹介したバートル7610と、人気を二分しそうなアイテムですね。

ジーベック 防水防寒ブルゾン 562 肩部分には、摩擦に強い生地が使われており、耐久性が高められています。ブラックが差し色になって、見た目にもとてもかっこいい配色です。

ジーベック 防水防寒ブルゾン 562 ヘルメットの上から着用できる大型フードを採用。ワーク仕様を追求した、非常にクオリティの高い防水防寒着という印象です。

ジーベック 防水防寒ブルゾン 562 袖口には、親指を通すことができるインナー付き。袖口の広さをベルトで調節することも可能です。袖からの風の侵入を防いで、保温性を高めます。

>>ジーベック 防水防寒ブルゾン 562(10月初旬頃入荷予定)


TS-DESIGN ライトウォームジャケット 84726

TS-DESIGN ライトウォームジャケット 84726 おしゃれで機能性の高い防寒着が、毎年注目を集めるTS-DESIGNの新商品。2019-2020年秋冬シーズンの注目は、ライトウォームジャケット3526です。

TS-DESIGN ライトウォームジャケット 84726 こちらは、ボリュームのある中綿と、背中に使われたボアフリースの裏地が、とにかく暖かい1枚です。TCヌバック生地(ポリエステル80%・綿20%)は、表面に独特の質感があって、一見するとただのシンプルなジャケットですが、すごくおしゃれに見えます。耐久性に優れた作りで、ワーク使用にぴったりの防寒着。シックなカラーバリエーションも見逃せないポイントですね。

TS-DESIGN ライトウォームジャケット 84726 また、袖と背中の付け根部分が、このように立体的に加工されているので、腕の可動域が広がり、より動きやすくなっています。軽くて暖かく、動きやすい1枚です。

TS-DESIGN ライトウォームジャケット 84726 リブニットの袖口になっていて、暖かさをしっかり閉じ込めます。ワインレッドとチャコールグレーの配色が、とてもおしゃれな1着です。

TS-DESIGN ライトウォームベスト TS-DESIGN ライトウォームベスト ちなみに、同じライトウォームシリーズのベストタイプ防寒着もあります。軽くて動きやすいので、こちらはインナーとして使っても良さそうですね。

>>TS-DESIGN ライトウォームジャケット 84726(10月初旬頃入荷予定)


注目のハーネス対応防寒着

ハーネスの義務化に伴い、2019-2020年秋冬シーズンの新作では、防寒着にもハーネス対応モデルが続々と登場しています。ここからは、気になるハーネス対応防寒着も、いくつかご紹介しておきます。

ジーベック ハーネス防寒ブルゾン 122

ジーベック ハーネス防寒ブルゾン 122 ジーベック ハーネス防寒ブルゾン 122 ジーベック ハーネス防寒ブルゾン 122 ハードな高所作業にも耐える耐久性の高いナイロンタッサーを使用し、ポケットにはすべてファスナーを装備。高所作業での物の落下を防ぎます。可動式ランヤード取り出し口は、上下ファスナー仕様でフックの位置によって調整が可能になっています。


Z-DRAGON ハーネス防寒ベスト 78040

Z-DRAGON ハーネス防寒ベスト 78040 Z-DRAGON ハーネス防寒ベスト 78040 自重堂のオリジナルブランドZ-DRAGONからは、ハーネス対応の防寒ベストが登場しました。ハーネス安全帯を着用した上から羽織るベストタイプの防寒着になります。摩擦が多い衿腰、肩、胸ポケットには高強度素材コーデュラを採用。両前肩にフック掛け用のDカン付きです。


TS-DESIGN バルキーフリースジャケット 5236

TS-DESIGN バルキーフリースジャケット 5236 TS-DESIGN バルキーフリースジャケット 5236 TS-DESIGNのこちらのフリースジャケットも、実はハーネス対応になっています。肩やポケット周りには、ステンレスの約5倍の引張強度を持ち、熱や摩擦、切創に対して極めて高い耐性を持つ、アラミド繊維を織り込んだ生地を採用しています。


TS-DESIGN ニッカーズカーゴパンツ 5434

TS-DESIGN ニッカーズカーゴパンツ 5434 TS-DESIGN バルキーフリースジャケット 5236にコーディネートする作業パンツには、こちらのハーネス対応のカーゴパンツがおすすめです。ベルトが当たる股の部分に、ジャケットと同じくアラミド生地が使われており、デザイン的にも統一感バッチリに決まります。


さいごに

2019-2020年秋冬モデル最新のおすすめ防寒着、いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介したアイテムは、どれも、取材スタッフが実際に、機能性や暖かさ、着用感などを確かめて、自信を持っておすすめできるアイテムばかりです。

ちなみに、商品の入荷予定はいずれも、10月初旬頃の予定となっています。
気になる方は、忘れずにチェックしておいて下さいね!

それではまたお会いしましょう。


■作業服専門店ワークユニフォームはこちら



written by ユニネク制作チーム 松浦一郎