アームカバー メイン画像 どうも、こんにちは!
アームカバー・アドバイザーの野坂です。

女性が日焼け対策につかうアームカバーですが、最近では作業現場でも使われています。

特にここ数年は、夏になると半袖ポロシャツアームカバーをつけている人をよくみかけ
るようになりました。

まだ一度もアームカバーを使ったことがない人は、
なぜ半袖とセットで、そこまで選ばれているのか疑問ですよね。

涼しいの?
効果あるの?

選ばれるからには、なんらかの理由があるはずです。

すでに使っている人は、他の人がどういう使い方をして、どんな商品が人気なのか気になり
ませんか。

今回は、プロが厳選したアームカバーの人気コーディネートもご紹介します。
あなたに合った最適な一品がみつかるかもしれません。

それでは、早速みていきましょう。

このページの目次
  1. アームカバーとは
  2. 作業現場でアームカバーが選ばれる理由
  3. 効果的なアームカバーとの組み合わせ
  4. おすすめ人気コーディネート
    1. アームカバー
    2. 半袖ポロシャツ
    3. 半袖コンプレッション

アームカバーとは

皆さんご存知の通り、腕につける筒状のカバーのことです。

「アームカバー」とひとくくりに言っても、学校の事務員さんが袖汚れ防止のためにつけた
り、バスケやランニングなどのスポーツ時につけるものだったり、実際いろんな種類のアー
ムカバーがあります。

今回ここでは、作業用アームカバーについてみていきます。

作業現場でアームカバーが選ばれる理由

アームカバーが作業現場で好んで選ばれるのには、6つの理由があるんです。

1.日焼け・UV 対策

半袖のまま作業すると、当前ですが、腕はすぐ日焼けします。
日焼けをすると、皮膚が炎症を起こした状態により、普段よりも体内の水分は奪われ、
結果として熱中症にかかりやすくなります。

夏の屋外で素肌のまま作業することはとっても危険なので、
紫外線(UV)から腕を守るためにもアームカバーをする人が多いんです。

長袖でもいいけど、やっぱり長袖の作業着は暑いですからね。
半袖にアームカバーのスタイルに行き着くんです。

みなさんが、わりと想像するアームカバーの利用方法ですよね。

2.ケガ予防

半袖のまま作業すると素肌をさらすことになるので、ちょっとしたことでも傷つきやすい
です。
ケガから腕を守る意味でも、アームカバーは役立ちます。

アームカバーのなかには、肘部分を強化した商品もあるので、肘をついて作業する人はエルボープロテクター付きがおすすめです。

エルボープロテクター付きアームカバー

3.汗対策

吸汗速乾機能付のアームカバーをすることで作業時の天敵、汗のじめじめした不快感を取
り除くことができます。気分爽快で作業するためにもアームカバーって、大事なんです。

4.パフォーマンス UP

アームカバーを着けることで余分な筋肉の揺れを防ぎ、無駄なエネルギー消費をおさえる
効果があります。
腕をしっかりガードすることで、作業するときにたまる疲労をおさえてくれるんです。

5.温度調整

アームカバーは、気温の変化によって簡単に取り外せます。作業中に暑くなれば外し、寒く
なれば、サッと装着できます。
また昼食や休憩時などの勤務時間外は、すぐ取り外せ、半袖スタイルにできることもアーム
カバーが支持されている理由です。

6.長袖着用が義務の職場

現場によっては、長袖着用が義務付けられている場合がけっこうあります。
いわゆる肌の露出が、原則禁止されているところです。

どんな猛暑でも半袖では入ることができません。
そんな現場でも半袖にアームカバーをして、素肌が見えないようにすれば、入ることが出来
るところもあるので、重宝されています。

作業現場でアームカバーが選ばれる理由
  1. 日焼け・UV 対策
  2. ケガ予防
  3. 汗対策
  4. パフォーマンス UP
  5. 温度調整
  6. 長袖着用が義務の職場

スタッフ野坂

半袖との相性が抜群なので、アームカバーは作業現場で人気なんですよ。


効果的なアームカバーとの組み合わせ

半袖との相性がいい、って言いましたが、半袖にアームカバーを着けているだけだと思って
いませんか。

半袖にアームカバーだけでも十分効果はありますが、まだ不完全なんです。

更に効果を UP させるのが、半袖コンプレッションです。


適度な着圧がある半袖コンプレッションを下に着ることで、パフォーマンスを向上させ、
吸汗速乾機能で、上半身を快適な状態でキープしてくれます。

また最近では、消臭機能付きも多いので、なおさら半袖コンプレッションを下に着る意味が
あるんです。


アームカバー×半袖コンプレッション×半袖


最高の組み合わせです。

おすすめ人気コーディネート

ここからは、ユニフォーム専門店で人気な『アームカバー×半袖×半袖コンプレッション』
の組み合わせをご紹介します。

なにを買えばいいか迷ったときは、とりあえずここから選べば、まず間違いないです。

アームカバーのおすすめ商品3つ

1.人気ブランド BURTLE(バートル)のアームカバー
BURTLE(バートル)アームカバー
BURTLE クールアームカバー 03-4043

おすすめポイント
  • 吸汗速乾機能
  • かいた汗をすばやく吸収し、拡散させる吸汗速乾機能をプラス。
    肌触りを常にサラッとドライを保ってくれます。
  • ひんやり感を持続する接触冷感
  • 生地に冷感素材を使っているので、着用時にひんやりした感触が得られ、体温上昇をおさえます。
  • ストレッチ素材
  • 圧迫感のない適度なストレッチ素材なので、身体のラインにフィットしつつ、作業動作をサポート。


2.大人気BODY TOUGHNESSシリーズのアームカバー
BODY TOUGHNESS アームカバー
BODY TOUGHNESS JW-618

おすすめポイント
  • 接触冷感・UV カット・吸汗速乾とアームカバーに必要な機能はすべて備えて、驚きの低価格
  • アームカバーで迷ったら、これがおすすめです。


3.肘をしっかりガードしてくれるアームカバー
TS DESIGN アームカバー
TS DESIGN 08-8191

おすすめポイント
  • 接触冷感、UV カット、吸汗速乾などの基本機能はおさえた上で、肘への衝撃をおさえるクッション付き
  • 肘をついて長時間作業する人には最適なアームカバーです。

半袖ポロシャツのおすすめ商品3つ

さらりとしたドライな肌触りが、夏の暑い時期には良いので T シャツではなく、ポロシャ
ツが好まれます。

実際お店で売れている半袖も、アームカバーにはポロシャツです。

1.BURTLE(バートル)のクールな半袖ポロ
BURTLE(バートル)ポロシャツ
BURTLE ハニカムメッシュ半袖ポロシャツ[胸ポケット有り] 03-105

おすすめポイント
  • 汗のベタつきを防ぐ吸汗速乾で、さらりとした着心地。
  • コストパフォーマンス抜群なスタイリッシュポロ。


2.デュアルメッシュの快適ドライポロシャツ
BODY TOUGHNESS ポロシャツ
BODY TOUGHNESS JW-603

おすすめポイント
  • 「汗を解き放て」をコンセプトにつくられた1秒吸汗、快適ドライシャツ。
  • 高い吸汗性速乾性を可能にした優れもの。


3.驚きの安さと豊富なカラーが魅力のポロシャツ
JICHODO(自重堂)ポロシャツ
トムス カノコ半袖ポロシャツ[胸ポケット無し] 41-00193CP

おすすめポイント
  • 16カラー展開で驚きの低価格。
  • 機能はアームカバーやコンプレッションに任せて、ポロシャツはとにかく値段重視なら、迷わずこれ。


半袖コンプレッションのおすすめ商品3つ

1.大人気BODY TOUGHNESSシリーズのコンプレッション
BODY TOUGHNESS 半袖コンプレッション
BODY TOUGHNESS JW-601

おすすめポイント
  • 臭いが気になる首まわりと脇に消臭コアーミシン糸を使っているので、消臭効果があるコンプレッション。
  • また腕のつっぱり感を軽減する特殊な縫い方で、腕の上げ下げがとっても快適。


2.機能性バツグン!BURTLE(バートル)のコンプレッション
BURTLE(バートル)半袖コンプレッション
BURTLE ショートスリーブクールコンプレッション 03-4026

おすすめポイント
  • 接触冷感、吸汗速乾、ストレッチ素材、消臭、脇通気メッシュと機能性は申し分なし


3.人気の新庄モデル!自重堂のコンプレッション
Jawin(自重堂)半袖コンプレッション
Jawin(自重堂)ショートスリーブ[新庄モデル] 01-56134

おすすめポイント
  • 接触冷感、機能カッティングで暑い夏もひんやり快適。
  • 新庄剛志さんがモデルになった話題の『新庄モデル』コンプレッション。

さいごに

これを読んだ人が、今年の夏は、アームカバーで快適に作業できることを期待しています。

もちろん、そのときは半袖ポロシャツと半袖コンプレッションの組み合わせを忘れないで
くださいね。

本当は、まだまだご紹介したいアームカバーがあります。

こちらからチェックしてみてください。

またお会いしましょう。



written by ユニネク制作チーム 阿津川 雄司&野坂 健太郎



この記事を監修してくれたユニフォーム博士
岩田百志 岩田 百志(いわた もとし)

ユニフォームを販売して20年。
豊富な商品知識から、商品の特徴(素材・デザイン・機能面)を瞬時に判断し、お客様に最適なユニフォームを提供するユニフォームコンシェルジュ。

現在では、後身の指導にアドバイザリーとしても尽力。
経験から得たユニフォームの基礎知識や販売のノウハウに至るまで、ユニフォームの魅力を日々伝えている。

■作業服・作業着の全品バーゲン通販【ワークユニフォーム】はこちら