スリッポン安全靴 こんにちは!
作業服専門店ワークユニフォームのスタッフ徳田です。

靴ひもがないスリッポンタイプの安全靴は、履きやすい、脱ぎやすいという理由から、屋内外を行き来する仕事の方にとっては、とっても便利なシューズです。

ただし、一言でスリッポンタイプの安全靴といっても、多くのメーカーからたくさんのスリッポン安全靴が出ているので、その中から1足をとなると、どれを選んだら良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか?

一見、使い勝手が良さそうなスリッポン安全靴でも、実際に履いてみたら意外と履きにくかった。そういう事例も少なくありません。

そこでこの記事では、作業服専門店スタッフとして、これまで数多くの安全靴を販売してきた安全靴のプロである私が、自信を持っておすすめするスリッポン安全靴を厳選して3足ご紹介します!

スタッフ徳田

おすすめのポイントを参考にして、ご自分に合ったスリッポン安全靴を選んでみてください。



このページの目次
  1. スリッポン安全靴の特徴

  2. スリッポン安全靴の選び方

  3. プロが選んだおすすめのスリッポン安全靴
    1. アシックス 安全シューズ ウィンジョブ・スリッポン 18-FCP204
    2. XEBEC(ジーベック)早履きセフティシューズ 02-85128
    3. サンダンス 安全スニーカー 17-SL250

スリッポン安全靴の特徴

そもそもスリッポンとは、英語のslip on(スリップオン)という言葉からきており、直訳すると「すべりこむ」という意味。
すべりこむように楽に履ける靴ということから、スリッポンと呼ばれるようになりました。

スリッポンタイプの安全靴は、靴ひもやマジックテープが付いたものよりも脱ぎ履きに手間がかからないので、屋内外を頻繁に出入りする仕事の方にとっては、大変重宝します。

靴ひもや留め具がない代わりに、足の甲やかかと、履き口の部分にゴムが付いており、その締め付けによってフィットするように工夫されているのも、スリッポン安全靴の特徴です

スタッフ徳田

スリッポン安全靴の特徴はズバリ、履きやすさ脱ぎやすさ、これに尽きます!
引越し、内装業、塗装業など、室内と外を行き来することの多い業種の方に人気の安全靴です。


スリッポン安全靴を選ぶポイント

スリッポンタイプの安全靴を選ぶ際には、次の3つのポイントを抑えておくと良いでしょう。

▼デザイン
ひとくくりにスリッポン安全靴といっても、今は昔と違い様々なデザインのものが発売されています。

当店でも一昔前までは、スリッポン安全靴というと、どうしても野暮ったい見た目のものが多かったのですが、今はスリッポンタイプでも、おしゃれなデザインのものが増えてきています。

どうせ買うならやっぱり、かっこいいおしゃれなデザインのものがいいですよね。お気に入りの靴を履いていれば、仕事の気分も違ってきます!

▼かかとのつくり
スリッポン安全靴の中には、かかとの部分を踏んで履けるようになっている、早履きタイプのものもあります。

履きやすい、脱ぎやすい、というスリッポン安全靴の特徴を更に追求した安全靴です。
かかとを踏んで履ける安全靴
このように、かかとの部分を内側に倒しやすいつくりになっていたり、かかと部分に芯を入れずに、あえてふにゃふにゃにすることで、かかとを踏みやすくしているものもあります。

もちろん、かかと部分を立てて、普通のスリッポンとして使うことも可能です。

ただし、早履きタイプの安全靴は、その特性上、他のスリッポンタイプの安全靴に比べフィット感があまり無いので、靴の中で足が滑りやすい、という点は覚えておいた方が良いでしょう。

▼通気性
安全靴は、長い時間履き続けていると、どうしても靴の中が蒸れてきてしまう。これはスリッポンタイプの安全靴も例外ではありません。

ただし、中には、アッパーにメッシュ素材を多く使用した、蒸れにくい安全靴もあります。夏場などは特に、この通気性をポイントに選ぶと良いでしょう。

スタッフ徳田

デザインかかとのつくり通気性、これら3つのポイントを踏まえた上で、私がおすすめするスリッポン安全靴をこれからご紹介します!


プロが選んだおすすめのスリッポン安全靴

アシックス 安全シューズ ウィンジョブ・スリッポン 18-FCP204

アシックスのスリッポン安全靴
>>アシックス 安全シューズ ウィンジョブ・スリッポン 18-FCP204

まず最初にご紹介するおすすめのスリッポン安全靴がこちら。

高い機能性とデザイン性を兼ね備えたアシックスの安全靴は、当店でも現在人気急上昇中。アシックスの安全靴は、見た目が普通のスニーカーっぽくてかっこいいのが特徴です。

アシックス安全靴 こちらのスリッポン安全靴も、見た目はまるで普通のスニーカー。色鮮やかなブルーのアッパーに、おなじみの白い「タイガーライン」がよく映えます。

アシックス安全靴 ソールには、スポーツシューズで使用されているアシックス独自の衝撃緩衝材「アルファゲル」が搭載され、足への衝撃を和らげて負担を軽減してくれます。

おすすめのポイント
  1. 機能性とデザイン性を兼ね備えた人気のアシックスのスリッポン安全靴
  2. スニーカーのようなおしゃれなデザイン
  3. 衝撃緩衝材「アルファゲル」搭載
スタッフ徳田

スニーカー感覚で履けるおしゃれなデザインが魅力の1足。
ソールにアルファゲルを搭載するなど、スポーツメーカーならではの機能性の高さも注目ですね!


>>アシックス 安全シューズ ウィンジョブ・スリッポン 18-FCP204

XEBEC(ジーベック)早履きセフティシューズ 02-85128

XEBEC安全靴
>>XEBEC(ジーベック)早履きセフティシューズ 02-85128

かかとを踏んで履くことができる、早履きタイプでおすすめなのがこちら。ジーベックの早履きセフティシューズです。

XEBEC安全靴 このように、アッパーとかかとのつなぎ目が斜めにカットされているので、かかとを内側にパタンと倒しやすくなっています。間には伸縮性のある生地が使われているので、立てて履いたときのフィット感もばっちりです。

XEBEC安全靴 かかと部分には、耐久性の高い合成皮革が使われており、ちゃんと、かかとを踏んで履くことを想定した作りになっています。

おすすめのポイント
  1. かかと部分を倒しやすい独自の”斜めカット”アッパー
  2. 伸縮性のある生地でフィット感を確保
  3. 脱ぎ履きしやすさを追求したスリッポン安全靴
スタッフ徳田

かかとを踏んで履くことができる早履きタイプの安全靴の中でも、この靴は特に完成度の高い作りになってます。
とにかく楽に脱ぎ履きできる安全靴が欲しい、という方にはおすすめの1足です!


>>XEBEC(ジーベック)早履きセフティシューズ 02-85128

サンダンス 安全スニーカー 17-SL250

サンダンス安全靴
>>サンダンス 安全スニーカー 17-SL250

長い時間履き続けていても靴の中が蒸れない、快適なスリッポン安全靴をお探しの方には、こちらがおすすめです。
サンダンス安全靴 アッパー全体に通気性の高いナイロンメッシュが使われているので、靴の中の不快な蒸れをしっかりと外に逃がしてくれます。柔らかなアッパー素材は、履き心地の良さにも繋がります。

サンダンス安全靴 ご覧のとおりソールも非常に柔らかく、重さも片足270g(26.0cm)と超軽量。安全靴とは思えないほどの、快適な履き心地を実現しています。

おすすめのポイント
  1. ナイロンメッシュのアッパーは通気性バツグン
  2. 柔らかいアッパーとソールで快適な履き心地を実現
  3. 片足270g(26.0cm)の軽さ
スタッフ徳田

通気性バツグンで柔らかい快適な履き心地。
かかとを踏んで履くこともできるので、靴の脱ぎ履きが多い現場でも、ストレスフリーで大活躍してくれる1足です!


>>サンダンス 安全スニーカー 17-SL250

今回ご紹介したおすすめのスリッポン安全靴

  1. スニーカー感覚で履けるおしゃれなスリッポン安全靴
  2. おしゃれな見た目機能性を求める方はこちらがおすすめ!
    >>アシックス 安全シューズ ウィンジョブ・スリッポン 18-FCP204

  3. かかとのデザインが秀逸!脱ぎ履きしやすいスリッポン安全靴
  4. とにかく脱ぎ履きのしやすさを求める方にはこちらがおすすめ!
    >>XEBEC(ジーベック)早履きセフティシューズ 02-85128

  5. 通気性バツグンで快適な履き心地のスリッポン安全靴
  6. 長時間履いていても蒸れない通気性快適な履き心地を求める方はこちらがおすすめ!
    >>サンダンス 安全スニーカー 17-SL250

スタッフ徳田

どの靴も、私が自信を持っておすすめするスリッポン安全靴です!



作業服専門店ワークユニフォームでは、この他にも各メーカーこだわりの安全靴を豊富にご用意しております。

とっておきの1足をもっと自分で探してみたい!という方は、ぜひこちらまでどうぞ!

100種類以上の安全靴を見てみる

■『作業服専門店ワークユニフォーム』で蒸れない安全靴をチェックする


安全靴についてはこちらの記事もおすすめです!

「耐油」は油で滑りにくいわけじゃない?滑らない安全靴はこう選ぶ!
欲しい安全靴を見極める!安全靴の選び方
蒸れない安全靴はこれ!プロが選んだおすすめの3足



written by ユニネクWEB制作チーム 松浦 一郎&徳田 悠祐