【売切れ必至】2019年注目の空調服は「ベスト」タイプ!その理由とは…
こんにちは!
空調服アドバイザーの野坂です。

2018年は猛暑の影響もあり、
日本中で空調服(電動ファン付きウエア)がバカ売れしました。

「空調服」と名のつく商品を店頭に並べればすぐ売れ、
昨年はどこのメーカーも生産が追いつかず、
夏を終える前にすでに売切れ続出していたんですよ(苦笑)。

早い段階で、2018年はどのメーカーの空調服も完売したから、
一体どのタイプの空調服が人気なのかを気にする人はいなかったけど・・・

実は驚異的なスピードで売切れたのが、空調服ベストなんですよね。

この話をすると、
「え?空調服って、長袖のほうが涼しいんじゃないの?」
っておっしゃるお客様、けっこういらっしゃいます。

今これを読んでる人は、「空調服ベスト」を探していると思うので、
そんな勘違いしていないと信じてますけど、
袖がないほうが涼しいんですよ。

2019年も空調服ベストは【売切れ必至】だと業界では、もっぱらの噂!

今年も口コミで早くも話題だから、
空調服ベストが売り切れるのは、時間の問題!

即売れ確実な「空調服ベスト」なので新作が発売されたら、
いち早く購入してみてください。

空調服アドバイザー野坂さん

では、一体なぜそこまで人気があって話題なのかを、
早速いろいろみていきましょう。


このページの目次
  1. 空調服のいろんなタイプ
  2. 袖なし(半袖・ベスト)タイプの空調服が選ばれる理由
  3. 半袖?ベスト?どっちの空調服がおすすめ?
  4. 長袖タイプじゃないとダメなときもある
  5. 最新おすすめ空調服ベスト
  6. 最新おすすめ半袖空調服
  7. 空調服ベストには、コンプレッションの重ね着

1.空調服のいろんなタイプ

もうすでにご存知の人も多いと思いますが、復習としてご覧ください。

空調服には、大きくわけて3種類のタイプがあります。

  • 長袖タイプ
  • 半袖タイプ
  • ベストタイプ
  • タイプ別空調服説明イメージ
    (誤解を恐れずに)断言しましょう!

    長袖タイプの空調服よりも、袖なしタイプの空調服のほうが、
    だんぜん涼しく、快適に仕事ができます。

    今年買うべき空調服は、絶対に袖なしタイプの空調服ですよ。

    その理由を次で詳しくみていきましょう。


    2.袖なし(半袖・ベスト)タイプの空調服が選ばれるワケ

    ①涼しさ

    長袖タイプを検討しているお客様からよくある質問
    「半袖やベストタイプは空気が抜けて、全然涼しくないんじゃないの?」

    この考え方は、間違いです。

    袖口や首元から大量の空気が抜けることで、涼しさは増すんです。

    空気がたまりやすい長袖よりも半袖・ベストタイプのほうが、
    空気の通り道がしっかりしているので、涼しさを感じやすいんですよ。

    ②細かい作業をしやすい

    長袖はふくらんでしまうイメージ 長袖タイプは、仕組みの関係でどうしても袖がふくらんじゃいます

    ふくらんだ状態で細かい作業をするのって、
    ものすごく手元が見づらく、作業しにくいんです。

    また、袖口から漏れる風が作業に影響を与えてしまうんです。
    袖なし(半袖・ベスト)タイプは袖がふくらまないから、
    細かい作業をするときでも袖を気にせず集中できるんですよ。

    ③価格がお得

    袖なし(半袖・ベスト)タイプは長袖タイプと比べ、
    使われている生地も少ないため、お手頃価格になっているんです。

    値段が安いのも袖なしタイプの魅力ですね。


    3.半袖?ベスト?どっちがおすすめ?

    いつもお客様とここまで話して、
    「袖なしタイプが涼しいし、お得なのもわかったけど、結局ベストと半袖どっちがいいの?

    って、聞かれるけど・・・

    いつも答えは、【ベスト】

    長袖よりも半袖が安く、
    半袖よりもベストが安い。

    涼しさは、どちらも同じくらいかなぁ~と思ってます(あくまで個人的見解)。
    「じゃ、なんで半袖があるの?」ってことも、
    たまに聞かれるのですが、ちゃんと理由があるんです。

    空調服ベストがあまりにカジュアルすぎるから、
    ベストタイプが 1 番涼しいことはわかっているのに、
    お硬い職業や会社では、あえて空調服ベストを避ける傾向にあるんです。

    世間の目があるかもしれないけど、
    やっぱり涼しくて、安いにこしたことはないですよね。

    そういう立場じゃないなら、
    2019年に買う空調服はベスト一択で問題なしです!


    4.長袖タイプじゃないとダメなときもある

    袖なし空調服(とくにベストタイプ)が、
    涼しくておすすめと言っておきながら、
    仕事内容や職場環境によっては、長袖じゃないとダメなときもあるんですよね。

    ①長袖着用の義務がある場合

    職場の決まりで、
    長袖の作業着でないと入れない作業現場もあるんです。

    ルールで長袖着用が義務付けられている作業現場のひとは、
    長袖タイプの最新空調服をこちらの【空調服・ファン付き作業服】からみてください。

    ②火を扱う場合

    火の粉が飛び散る作業場で、肌を露出するのはとっても危険。
    そのため、火を扱う作業現場では、
    火がうつっても燃え広がりにくい綿100%の長袖空調服が選ばれています。

    こちらの【火を扱う仕事向きの作業服を選ぶ】の項目を
    参考にしてみてください。

    もちろん空調服は、ベストタイプが1番おすすめって気持ちは変わらないけど、
    仕事上どうしても長袖じゃないといけない人は、
    長袖タイプから選んでくださいね。


    5.最新おすすめ空調服ベスト

    ここからは 2019年に自信をもっておすすめする、
    【売り切れ必至】ベストタイプの空調服 Best5をご紹介!

    早々と売り切れちゃう可能性があるので、
    もったいぶらずに、ベスト1から順に発表します!

    【ベスト1】バートル AC1024

    空調服ベスト①バートルAC1024
    とにかくカッコ良いデザインで大人気の作業服メーカー『バートル』の最新作。
    すぐに売り切れるであろう最新モデル。

    空気漏れを防ぐ高密度素材なのに、脇下はしっかり冷やす通気メッシュ。
    涼しさとカッコ良さをかね備えたベストタイプ。
    自分のサイズ、在庫があるうちに買わないとマジでなくなりますよ。

    >>バートル AC1024を今すぐチェックする


    【参考記事はこちら】
    >>【2019年版】バートル空調服ベストを体験! 涼しさの秘密は脇メッシュにあり!


    【ベスト2】自重堂 Z-DRAGON 74070

    Z-DRAGON ベスト空調服 74070
    自重堂の人気オリジナルブランド『Z-DRAGON』最新のベスト空調服。
    スポーティーなデザインと、豊富なカラーラインナップが魅力の1着。

    軽くて密封性の高い高密度タフタ(ポリエステル100%)使用で、
    とにかく涼しいベスト空調服になってますよ。
    人気の迷彩カラーなどは、早くも品薄状態なので、
    気になるカラーがあったら、とにかく早めのチェックをおすすめします。

    >>自重堂 Z-DRAGON 74070を今すぐチェックする


    【参考記事はこちら】
    >>【Z-DRAGON 空調服】2019年モデル新商品 タイプ別選び方とおすすめポイント


    【ベスト3】自重堂 Jawin(ジャウィン)54060

    Jawin(ジャウィン)ベスト空調服 54060
    自重堂の人気オリジナルブランド『jawin(ジャウィン)』のベスト空調服。
    これまで、空調服のラインナップがなかったjawin。2019年、待望の1着です。 

    デザイン性の高いjawinのアイテムはとにかく人気。
    かっこよさと涼しさを提供してくれる、こちらのベスト空調服も、今年の大注目モデルです。
    独特の光沢感がある生地で、見た目のインパクトは間違いなく一番!

    >>自重堂 Jawin(ジャウィン)54060を今すぐチェックする


    【参考記事はこちら】
    >>ついに登場!自重堂 Jawin(ジャウィン)空調服の新作情報【2019年モデル】


    【ベスト4】アイトス タルテックス50197

    空調服ベスト タルテックス 50197
    プロがみて2019年、こちらもすぐに売り切れるであろうモデル。

    生地に撥水加工が施されていて、水や汚れに強いのが特徴。
    脇の下に保冷剤を入れてく専用のポケットが付いていて、保冷剤と併用すれば更に涼しく使えるすぐれもの。
    在庫があるうちに買わないとこれもマジでなくなります。

    >>アイトス タルテックス50197を今すぐチェックする


    【参考記事はこちら】
    >>夏のイベントや軽作業に最適!アイトス(タルテックス)空調服の2019年モデルが登場


    【ベスト5】ジーベック XE98011

    空調服ベスト③XE98011
    幅広い商品展開をしている作業服メーカー「ジーベック」
    動きやすさを極限まで重視したモデル。
    袖口が特別な仕様になっているから、
    涼しい空気は衣服を回り、首元と肩回りから抜けていく仕組み。

    >>ジーベック XE98011を今すぐチェックする


    【参考記事はこちら】
    >>【2019年版】ジーベック 空調服 最新おすすめモデル【長袖・半袖・ベスト】



    ここで紹介したベストは、夏が始まる頃には【売切れ必至】な商品ばかりです。


    6.最新おすすめ半袖空調服

    空調服ベストを着たいけど、仕事上どうしてもダメな人、
    もしくは、もう空調服ベストが売り切れちゃって困っている人に向けて、
    涼しい半袖空調服 Best2 もご紹介しちゃいます!

    【ベスト1】バートル AC1056

    空調服半袖①AC1056
    2019年1番売れるであろう半袖モデル。
    最先端のデザインで大人気の作業服メーカー「バートル」
    フルハーネス対応で男女ユニセックスシリーズ。

    もしも自分に合うサイズの在庫がまだあるなら、迷う時間はない。
    時はきた!

    >>バートル AC1056を今すぐチェックする


    【参考記事はこちら】
    >>【空調服 半袖】涼しさとデザインで選ぶ2019年おすすめの1着はこれ!


    【ベスト2】ジーベック XE98009

    空調服半袖②XE98009
    2019年のジーベック空調服は、
    空調服特有の膨らみが抑えられ、よりスタイリッシュ。
    4色あるので、作業現場などのワークシーンから、
    イベントなどのレジャーシーンまで幅広くつかえる
    スタッフブルゾンのようなモデル。

    使うシーンを選ばないひとには最適。
    これを着てカジュアルすぎると言われる心配なし!

    >>ジーベック XE98009を今すぐチェックする



    7.空調服ベストには、コンプレッションの重ね着

    空調服ベストは、動きやすくてとっても涼しいけど、
    素肌のままでは日焼けの心配があるんですよね。

    そこで、空調服ベストに合わすインナーで、
    実際のお客様に選ばれているし、プロもおすすめしているのが、コンプレッションの重ね着。

    空調服半袖、ベストとコンプレッションは相性抜群 肌の露出を防げるコンプレッションと空調服ベストは、相性抜群。

    長袖のコンプレッションを空調服の下に着ると、
    紫外線をカットするだけでなく、
    汗をすばやく吸って、気化することで、
    汗のジメジメした感じと汗臭を防いで
    くれます。

    それだけじゃなく、空調服は汗の気化熱をつかって涼しくしているから、
    コンプレッションを着ることで、涼しさが増すんです。

    空調服アドバイザー野坂さん

    空調服ベストとコンプレッションは、ベストカップルってことです。


    そんな相性抜群のコンプレッションもチェックしてみてください。

    バートル空調服の先行予約受付中です!

    昨年モデルも、売れに売れたバートルのエアークラフトシリーズ。本格的なシーズンを前にして、完売してしまう商品が続出しました。

    当店では、昨年購入に至らなかったお客様からのお問い合わせ、ご要望にお応えすべく、今年は、2019年版バートル空調服の先行予約を実施しています。

    商品は多数確保しておりますが、入荷予定数の上限に達し次第、予約受付を終了させていただきます。

    スタッフ野坂

    確実に空調服を手に入れるために、今すぐご予約されることを強くおすすめいたします!!


    バートル 空調服 先行予約バナー
    >>【大人気】バートル空調服、予約受付中!詳しくはこちら!


    さいごに

    空調服ベストは、一部ではカジュアルすぎると言われることもあるけど、
    どの空調服よりも涼しく、快適な労働環境にしてくれるすぐれものです。

    今回この記事を読んで「空調服ベスト」に興味をもった人、
    もしくは、もともと興味があってマチガイナイと確信した人。

    今年は発売後なるべく早く買ってください。
    悩んでいるうちに売り切れる可能性がある商品。

    それが、「 空調服ベスト」です。

    空調服ベストをGETし、今年の夏を快適に乗り切れることを祈っています。

    またお会いしましょう。




    ※この記事は2019年2月26日時点での情報を基に書かれております。



    written by ユニネク制作チーム 阿津川 雄司&野坂 健太郎



    この記事を監修してくれたユニフォーム博士
    岩田百志 岩田 百志(いわた もとし)

    ユニフォームを販売して20年。
    豊富な商品知識から、商品の特徴(素材・デザイン・機能面)を瞬時に判断し、お客様に最適なユニフォームを提供するユニフォームコンシェルジュ。

    現在では、後身の指導にアドバイザリーとしても尽力。
    経験から得たユニフォームの基礎知識や販売のノウハウに至るまで、ユニフォームの魅力を日々伝えている。

    ■作業服・作業着の全品バーゲン通販【ワークユニフォーム】はこちら